2018年7月25日 (水)

飽和水蒸気量の変化

昨日の記事で猛暑日の運動について方針を変更したけど、その理由っていうのは温度域による飽和水蒸気量の変化量の違いが大きな原因。懐かしの飽和水蒸気量。中2の理科二分野くらいだったかな?
これによると、気温10℃で9.39g/m3、15℃が12.8g/m3、20℃が17.2gm/m3、25℃が23.0g/m3、30℃が30.3g/m3、35℃が39.6g/m3、40℃が51.1g/m3だ。

飽和水蒸気量は高温域程、右肩上がりで増加するのが特徴である。人間が快適と感じる25℃以下では温度差5℃で飽和水蒸気量差は5g/m3程度。しかし、30℃以上では温度差5℃で飽和水蒸気量差が10g/m3以上に急増する。

猛暑日以上で気温が35℃を越える状態では飽和水蒸気量は40g/m3越えとなる。

これで、日本の夏、湿度は?というと、最高気温を記録する時間帯で60%程度だ。35℃で湿度60%というと、40g/m3×60%=24g/m3ということ。これで、陽が暮れて夜間気温が30℃だとすれば、湿度は80%近くになる。日中の気温が40℃近くになると、50g/m3×60%=30g/m3だから夜間気温が30℃で100%ということ。つまり、猛暑日で35℃以上となると、夜間湿度は80%以上ということになる。

日本の夏、猛暑日という条件は、日中は強烈な日差しで熱射病になりかねないし、陽が暮れると、多湿故に、温度が下がった分湿度が強烈に上昇する。つまり、運動して発汗しても汗が体表面から蒸発しなくなるので、体温が下がらなくなるのである。夜間は気温自体は30℃程度迄抑えられたとしても、逆に湿度が急上昇して体温調節が出来なくなる。つまり、身体に熱が籠もる状態となり、やはり熱中症となる訳だ。

夜間に運動するならば、日中の温度が特に35℃を越える時は、飽和水蒸気量の変化から考えると厳しいという事になる。
気温辺りの飽和水蒸気量が少ない領域では、気温低下による湿度低下が顕著であり、運動するならば、そういう温度域を選ぶのがリスク軽減には必要と言える。

日中の気温が高い時に運動するのであれば、海風、山風等によって大気がしっかり移動した後、エリアの湿度が下がった状態で行うのがベストといえる。そういう意味では、日没後間もない時間帯の夜間ではなく、日の出前後で大気が入れ替わり、日射によって気温が上昇する前の運動がベストと言う事になる。夜間運動を行うのであれば、日中の温度が30℃以下の時というのがベストのように思う。

運動や夜間ではなく早朝、、、、これがリスク回避にはベストな選択。夜間運動は夏場に行うのであれば、室内限定で空調を掛けて温度、湿度を適切な状態で行うというのが必要かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月24日 (火)

猛暑日の運動は

冷房が必須だろう。

ピスト走は、早朝午前4時起き、走行は午前5~6時台で決まり。

また、猛暑日の夜のヒルクライムだけど、猛暑日では湿度が60%位でも、夜の30℃オーバーの気温では、湿度は80%とかになる、、、そんな状態でハードなヒルクライムは倒れる元。

ということで、猛暑日だとか、走行時気温が30℃以上、湿度が70%以上だったりすると、外での実走は中止。

エアコン掛けてローラー台だな、、、、、恐らく、盆明け迄は実走は厳しい。

ピスト走で気温27℃、午前5時走行は悪くないけど、起床時間が午前4時過ぎ、、、、ハッキリ言って睡眠不足、、、、

この夏、猛暑過ぎて運動メニューが大幅に狂いそう、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月12日 (木)

ハザードマップ

この度の土石流被害、発端は頂上から少し下がったところで発生した土砂崩れが沢を下るにつれて巨大な土石流となり、本来の沢に繋がる河川を溢れ、流域の家屋を一気に押し流すパターン。

今回の避難勧告、避難指示ではハザードマップに従って緊急速報メール等で連絡を受けたけど、ハザードマップによる危険区域と実際に被害を受けた地域というのは、実はあまり一致していないのが興味深い。

ハザードマップの場合は、地形的な尾根線、谷線と斜度情報でエリア指定していたようだけど、実際の被害分布は、尾根線、谷線だけでの区域設定だと一致していない傾向。

戦後の土砂災害を調べてみると、土砂崩れ発生箇所というのは、最近の記事に紹介したような分布となっている。具体的にいうと、背後に200m以上の高度の山を控える団地。特に300m以上の山の斜面では被害が甚大となる傾向。そして、斜面的には海に面した斜面の方が崩落件数が多いということ。逆に、海抜高度100mレベル迄の山に拡がる団地は、大規模土石流は発生していない。単発的にのり面が崩れる程度に留まっている。

実際、人命に危険を及ぼすか否か?というと、土砂崩れが大規模土石流に通ずるような条件で見直す方が良いかもしれない。基本的に沢から流れた水が川となって太田川支流に注ぎ込むような場所が危険。そして、団地の開発された山体が高度の高い連山となっている箇所が危険という印象。それに応じて区域指定を行う方が正確かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

河動閉塞

この度の土砂災害で濁流が住宅地に流れ込むのは、標高で150m以上の連山に見られる沢から流れ出る小さな川である。この川というのは、広島なら太田川に注ぎ込むけど、注ぎ込む川幅は?というと、精々数メートルである。通常は流れる水の量は川底から十数センチレベルである。標高で100mレベル以下の単山系の山にひあ、沢から川というようなもの存在しない事が多い。
山に川の流れがあるかどうか?というのは、河動閉塞があるかどうかの判断ポイントかもしれない。
そんな川は、場所によっては暗渠になって見えなくなったり、川として露出している場合は、川を跨ぐ小さな橋が沢山架かっていたりする。

通常時はそれで問題無いけど、沢の上流で土砂崩れが起きて沢に土砂が流れ込んで土石流になると、広島の山の場合、勾配が急勾配であることもあり、その沢を源流にする小規模河川を大量の土砂瓦礫を含んだ泥水が一気に駆け下りる。その河川自体が狭く浅いために、急に流れる土石流によって河川は溢れんばかりとなる。土石流故に、流動性土砂だけでなく、大きな岩石、流木も大量に流れるけど、これが川に架かった橋の橋脚に引っ掛かったり、暗渠によって流路面積が制限された流路無いで引っ掛かったりすると、川の外や、暗渠に接地されたグレーチングから土石流が大量に河川外に流出する。

小さな川であっても、それが瓦礫や岩によって塞がれると、一気に溢れ出す訳だ。そう考えると、山の斜面ではない平野部であっても、背後に沢から流れる河川を抱える連山が控えるエリアというのは、油断できないようである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土石流と石垣崩落による宅地崩壊

これ、似て非なるもの。
土石流というと、斜面の表層崩壊が起点。斜面の表面自体は自然な状態で、自然の山体が崩壊するもの。しかし、宅地を支える石垣崩落というと、基本的には人工的に手が加えられた地形の崩落で、石垣や城壁で囲まれた内側に浸潤した水圧を支えきれずに崩落するパターン。

土石流自体の発生条件というと、山体の自然の形状に大きく支配されるけど、宅地崩壊というと宅地の造成状態に大きく支配されているような気がする。

地形的に災害を回避する場所選びと、それとは別に宅地の造成形態を見て宅地自体の災害耐性を考慮した場所選びが必要ということ。両方を考慮する事が予防保全に有効という気がする。

基本的には、土石流が発生するような雨水を大量に集め流出する水量が多くなるような、急勾配で高い高度、具体的には標高で150m以上の連山系斜面は回避すること。そして、地盤自体が水分を吸いやすく緩い宅地、具体的には、のり面高さが10mを越えるような盛土造成団地を回避する事が大事かもしれない。団地の段々からみて、下の段の住居の二階より高い位置に地面が位置するような団地は、盛土ののり面が崩壊しても可笑しくない。
一見、石垣、城壁で頑丈に囲まれているようでも、自然の力からみたら屁みたいなモノ。

この二点が豪雨時における土砂災害回避の上でのポイントのような気がする。

標高100m程度の単独山体の斜面で、宅地盛土の高さは、精々3m程度以下の造成地というのが良いかも知れない。
今回の災害では、土石流ばかり語られているけど、一昔前は団地の災害耐性は、盛土か切り土か?というのも大きな判断材料だった筈。それも考慮した方が良さそう。

建坪率的に敷地一杯に建て屋が立てられていれば良いのかも知れないが、盛土の宅地に地面が露出したような宅地では、降雨によって浸み込む水分量の影響も少なく無さそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月11日 (水)

浸水被害も避けたい

広島の場合、土砂崩れによる家屋崩壊が多いけど、岡山の災害のように堤防決壊等による浸水の被害も被っている。広島でも警報解除後の榎川の氾濫による浸水被害や、安芸矢口駅界隈の冠水被害も報告されている。
大雨や津波における浸水というと、綺麗な水がやってくる訳ではない。泥水が押し寄せるのである。
広島というのは、土砂崩れという印象が強いけど、地理的には小さな扇状地に小さな三角州が拡がり、その先に干拓地で平野を稼いでいる。そして、数多くの河川が市内を流れているのが特徴である。その河川にはいくつもの支流が繋がっており、三角州を囲む標高500m級の山から水が流れ込む構造である。
つまり、急激な増水が市内中央に向かって注ぎ込む構造となっている。

万が一、南海トラフのような地震が発生すれば、瀬戸内も海面上昇が2~3m程度生じるとも言われている。その場合、港湾部から干拓して拡大したエリアは概ね殆ど水没してもおかしくないのである。その場合の浸水域といえば、平野南端から平和大通りを過ぎて紙屋町界隈迄浸水する可能性がある。また、市内を流れる河川の東岸、西岸側というのは両サイドを囲む標高の高い山からの氾濫による被害は大昔から繰り返されてきたという地史があるのである。

そう考えると、今後高い確率で発生すると言われている南海トラフ地震による浸水、そして、今や50年に一度とは言ってられないような特別警報レベルの豪雨による三角州を囲む支流の氾濫による浸水を考えると、標高で数メートル以上の小高い丘が一番安全なのかもしれない。ただ、前記事で紹介したように背後に200m級以上の連なった山が迫る団地も避けたいところ、、、、

こう考えると、安心して住める所って言うのは、限りなく少ないような気もする。

山陰沖を通過する台風による強風等を考えると、南西斜面の団地は恐ろしいし、、、、

まぁ、そんなに心配しても仕方ないかも知れないが、浸水被害は甘く見ない方が良さそう。

っていうのは、この度の豪雨で冠水した安芸矢口駅エリアだけど、こちらは三年前の大雨で冠水したために排水ポンプ場を強化したエリアだけど、その対策も今回は役に立たなかった様子。一気に流れ込む水に対しては殆ど対処しようが無いのが現実である。

そう考えると、低地は生活に便利とは言っても、住むのはちょっぴりリスキーである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

団地の石垣、城壁崩落による住居崩壊

団地と言えば、階段状に宅地が拡がっている。斜面を削って、削った土を隣に盛る、、、そういう形で階段状に作る。階段の段々が宅地一区画ずつの場合、宅地の半分が切り土、半分が盛り土となる。そして、盛り土側が土砂流出防止のための城壁や石垣がある。
これが、団地の基本である。

今回の豪雨で、団地の上流の沢で土石流が発生して住宅を押し流している例が少なくないけど、団地の住宅自体が崩落している被害も多く報告されている。
宅地の崩落は、宅地下の土砂が流出してからの崩落だけど、宅地下の土砂の崩落は、宅地を支える石垣や城壁が崩壊して土砂流出しているのが共通した特徴である。

また、階段状の宅地の盛り土部分といえば、切り土程は押し固められておらず、地盤中の土砂充填密度は低く水分を含みやすいのが特徴である。
一般に、そんな宅地でも住宅をしっかり支えるために鋼管杭打ち等の地盤改良が為されているけど、改良対象の土砂が流れると被害を被るのは当然である。また、鋼管杭打ちしているという触れ込みながら、建て売り住宅等では、規定長さの鋼管が打ち込まれていない手抜き工事は案外少なくないのである。

崩落しない宅地といえば、盛り土の高さは杭打ち鋼管一本分未満の2~3m程度の宅地が理想だけど、そんな宅地は殆ど存在しない。
広島の場合、前記事に紹介したように山の斜度は10~25%となり非常に急勾配となっている。そのため、階段状宅地の半分の盛り土高さといえば、実は10m以上というのは少なく無い。酷いところでは盛り土20mの城壁の上に住宅がそびえる例もあるのだ。

特に、城壁、石垣によって囲まれた盛り土部分で大事なのは、そこに染み込んだ雨水が内部土砂を流出させることなく排水されることだけど、年月が経過すると排水が不十分で雨水を溜め込みやすい状態に為りやすい。そうなると過剰な雨水を含むと、城壁や石垣が水圧に耐えきれず破裂的に崩壊するのである。そうなれば、地盤を作る盛り土が流出し、家屋の崩落を招くのである。
今回の豪雨では、北九州エリアでの被害映像で階段状団地の住宅の敷地崩落による宅地崩壊が見られたけど、そういう被害も有り得る訳だ。

このような宅地における被害防止には、宅地に雨水を浸透させない事。浸透した雨水は迅速に排水させる事が重要と言える。

現実的では無いかも知れないが、階段状宅地に住処を構えるなら、住宅以外の部分をコンクリート施工し、キッチリとした雨水マスを備え、敷地に振った雨水を速やかに排水できるような敷地改良等が有効だと思われる。
ただ、一戸建ての周囲を全てコンクリートで多うのは、ガーデニングの楽しみ等が無くなるから、まぁ、現実的ではないかも知れない。

ただ、近隣の高い盛り土の住宅は、住宅建築から15年で盛り土部分が沈んで住宅が傾くとかの被害も聞く。また、そういう視点で石垣、城壁を見ると、亀裂が入ったりしている例も少なくない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土砂災害を受けた団地と造成された山の共通した特徴

広島市北部豪雨では安佐南区八木地区、西日本豪雨では安佐北区口田南地区、安芸区畑賀地区、矢野地区、熊野地区、瀬野地区、安芸郡府中町、坂町、呉市の天応地区等々の土砂災害が甚大な被害を及ぼしている。

これらの造成地の状況は?というと、これまでの感想では、海側に面した斜面という感想を記事にしていたけど、これらの造成団地の形成された山の大きさに着目してみた。
各地区に団地造成された山の標高をピックアップしてみると、
・安佐南区八木地区・・・・阿武山:586m、権現山:397m
・安佐北区口田南地区・・・二ヶ城山:483m
・安芸郡畑賀地区・・・・・呉娑々宇山:682m
・東区馬木地区・・・・・・呉娑々宇山:682m
・安芸郡府中町・・・・・・高尾山:395m
・安芸区矢野地区・・・・・金ヶ燈篭山:532m
・安芸区熊野地区・・・・・三石山:449m
・安芸区瀬野地区・・・・・高城山:496m

こんな感じ。斜度が急で尚かつ、海抜高度が400mレベルの山の麓に造成されている事が判る。団地自体は、それぞれの山の麓で標高100mレベル迄だけど、その背後に大きな山が控えているのが共通した特徴である。

過去の土砂災害の特徴を見ると、海抜高度で200mを超える山が背後にあるか否かが分かれ目のようである。山が削れて濁流が川に流れ込んでいるか否かというのは、標高で言えば150~200mレベルの山の斜面のようだ。今回、身近な地域では、女学院大学内の斜面が一部崩れて二又川沿いの道路に泥が溢れていたけど、そこの緑地標高が最高点で176mである。

元々、小さな三角州+干拓地で出来た広島市、住宅地造成で最初は標高の小さな山に団地が造成されたけど、昭和の後半以降は、標高で150mを超える山の麓に団地が拡がるようになり、平成以降は標高で400mを超える山の麓にも多くの団地が造成されてきた。

最近の大規模造成では、大きな谷を大きな山を削って出た土で埋めた大規模団地が多い。そんな大規模団地は標高で200m近辺に拡がり、背後は400~500m級の山が拡がるような地域が多い。特に、広島市西部の山の中腹には大規模団地が数多く存在している。

因みに、広島の山というのは地図から見ると水平距離400mで垂直距離100mということで25%勾配級の斜面であり、斜度が急なのが特徴である。

広島の場合、標高が150m以下の山の場合、単純な円錐形状の単独の山が多いけど、標高で150m以上の山は、複数の山が連続して繋がっている山脈形状となっている。それ故に、団地の拡がる谷筋には、背後から大量の雨水が集まる構造となっている。標高の高い山が連なった山脈というか山地の谷筋に拡がる山というのは、全て危険かもしれない。

今回の土砂崩れによって緑の木々が失われて茶色の土が露出している上空からの撮影映像があるけど、殆ど全てが連なった山地の谷筋に認められるのが特徴である。

雨水が山肌を削り取るかどうか?というのは流れる水量次第である。水量といえば、谷筋に流れる水が、どのエリアに振った雨水が集中するか?ということ。そう考えると、高い山程、降水面積が広い。山が高い程、大量の水が勢いを付けて流れてくる。考えてみれば、極当然の話である。山沿いの団地に住まいを構えるなら、背後からやってくる水分量を考えるのも一つの考え方かもしれない。今回の土砂崩れを見ると、山頂近辺は、どこも崩れていないのである。高い山地の団地を買うなら、山頂付近が安全という判断になるかもしれない。宅地の背後に高い山が見えるかどうか?これが判断基準。高度の高い団地でも、自分の住まいの後ろに高い山が無ければ、仮に崩れても、自分の住まいより低い所からということになるだろう。

買うなら、、、、標高100m程度の山の団地で、標高で70m地点とか、そういうのが良いかも知れない。広島なら比治山、江波山、皿山辺りに団地があれば、その団地の一番上なんかが安全そうだ。山も崩れそうにないし、津波、氾濫水の影響も受けそうにない。

因みに、今回、市内に点在する標高150m以下の小さな山の宅地、団地では、住宅を押しつぶすような土砂崩れは発生していない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨明けの順番

今年の梅雨明け、最初が沖縄、奄美、次が東京、そして、九州北部、中国、近畿、東海、北陸、、、、しかし、良く見ると、四国と九州南部が未だらしい。

関東が前線未到達で梅雨明けが早まったのは理解できるけど、豪雨後に九州北部~北陸迄梅雨明けしたとされても、何故か九州南部と四国は梅雨明けの発表は無し。

少々違和感を感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 8日 (日)

西日本豪雨は、、、

金土日の三日間に渡り降り続いた豪雨。
2014年の広島市北部豪雨を凌ぐ豪雨、エリアが比べ物にならない。長崎、佐賀、北九州、愛媛、高知、広島、岡山、鳥取、京都、岐阜とエリアが広い。東日本大震災並みの広さ。
津波災害程ではないけど、それを彷彿させる甚大さである。
東日本大震災と比べると、放射能事故が無いのが最大の違い、、、

ただ、西日本豪雨ということで、広島県のJR全線の復旧の目途も立たない。高速道路も、国道2号線も寸断、、、、

で、スーパーでの買い物、昨日は地元のスーパーが閉店時間を午後10時から3時間繰り上げ、今日の日曜は棚は空っぽ、、、、何にもない。

恐らく、物流が寸断なら、この状態はしばらく続きそう、、、、一週間以上続くかもしれない。

このありさまは、広島市北部豪雨の比ではない。まるで、東日本大震災の時に商品が減った時のようだけど、それ以上。

正直、南海トラフ地震が起きて、太平洋岸西日本がやられて、瀬戸内の被害が軽微でも、物流が寸断されたら、こうなる?という事を想像させるような感じ。

今回の豪雨災害は、直接的な被害を受けなくとも、物流が破壊されると、直接的な被害が無くとも生活が立ち行かなくなる事を再認識させるもの。

ところで、今回の直接的な豪雨、広島市では450mm程の降水量であり、自宅の山も崩れるか?と思ったけど、驚くほど何も起こらなかった。ただ、一歩外に出ると、反対斜面側の団地裏山は結構崩れているし、対面する山側に広がる女学院大学の裏山も崩落して土砂が数キロに渡り流出していた模様。また、対面する山側の海側斜面の則面の石垣も数か所で崩落したりしている。

地形的に、海からの風を受ける斜面側の崩落が大きいように見えるが、これは、海側斜面が地形的に雨風の影響を受けやすく風化が進んでいるという事を示していそう。広島の地質は花崗岩質で固い岩山と言われているけど、風化が進むと亀裂が入って崩落しやすくなる。風化の進行度合いは、雨風日光の晒され度合いに従うもの。崩落場所を見ると、そういう場所が結構多い。まぁ、ほとんどの団地がそういう場所でもある。

大雨による土砂崩れもそうだけど、仮に震度の大きな地震がやってくると、やはり、そういう場所が崩落するだろうし、物流を担う交通網の寸断も予想される。

言葉は悪いけど、今回の西日本豪雨というのは、来るべき南海トラフ大地震の予行演習的にも見える。今回の災害復旧で問題点を洗い出す事が出来れば、将来の大災害には大きな教訓にもなりそう。

さて、明日月曜は、なんと従業員は管理職以外休業だそうだ。正直、名ばかり管理職だから、自身も休業したいところだけど、、、、一応、顔を出すだけ出してみようか、、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧